slide imageslide imageslide imageslide imageslide image

Creative City Portland 新しい「何か」が生まれる街ポートランド

2014-09-01

近年、流行を発信する都市として、オレゴン州のポートランドが、世界中から注目を集めている。
人口60万強の小さなこの街の魅力とは何か、を探ってみた。

Photo_Taro Otake, Text_Sky
Special thanks_オレゴン州政府観光局
traveloregon.jp
travel Portland
www.travelportland.jp

アクセス
ポートランドへのアクセス:成田国際空港からポートランド国際空港まで直行便で約9時間半

市街地を走るマックスライトレール。同じ路面電車のストリートカーとともに、ポートランド市民の「足」として活躍している。

新しい「何か」が生まれる街ポートランド

Creative City

北米大陸西海岸北西部(パシフィック・ノースウェスト)に位置するポートランドは、オレゴン州最大の都市だ。マウント・フッドなどの山々、そして森林などの豊かな自然に囲まれたこの街は、アメリカで一番住みやすい都市と言われている。気候は一年を通して穏やか。路面電車などの公共交通網も充実していて、全米で最も環境に優しい都市にも選ばれている。また治安が良いため子供や老人にも暮らしやすく、セールスタックス(消費税)がないため物価が安いのも大きなポイント。毎年万単位で人々がポートランドに移住しているため、都市圏人口はこれからもグングン伸びていくことが予想されている。

もっとも、今ポートランドが世界的な注目を集めている理由は、単なる街の暮らしやすさだけではない。一番の理由は、ポートランドに住む人たちが生み出す文化の魅力にある。ポートランドは、20世紀式大量消費社会とは真逆を行く街と言えるだろう。ポートランドの街の1ブロックは、他の都市のそれに比べると小さい。そこに入るテナントは、大規模小売店やファストフードのチェーン店は少なく、昔ながらの個人商店、アートギャラリー、そして洒落たレストランなどが主だ。ポートランドの街中は、都市にありがちなギスギスした雰囲気が皆無だ。サスティナブル(持続可能)で、虚飾を廃した、シンプルなローカル生活をするポートランドの人々の志向は、街の形態からもうかがい知ることができる。

そんな自由でリラックスな空気に魅了された、芸術家、建築家、デザイナー、そして料理人などの若きクリエーターたちがポートランドに集まってコミュニティを作り、互いに協力し合ってさらに新しいポートランドの文化的魅力を生み出している。ポートランドは競争よりも共生という、21世紀的な価値観を具現化した街なのだ。

post image
post image

地ビールだけが名物じゃない?ポートランドの新潮流を探る

Trends

マウント・フッド近隣に豊かな水源をもつポートランドは、ドリンク事情に恵まれた土地と言えるだろう。ビール、ワイン、コーヒー、ティー、そしてスピリッツ(蒸留酒)と、大自然の恩恵である良質な水によって作られるドリンクたちは、ポートランドの名産品として、多くの支持を集めているのだ。

そのなかでもとりわけ有名なのは「地ビール」であろう。1980年代中盤からポートランドでは地ビールブームが湧き起こり、現在市内には55もの地ビールの醸造所がある。オレゴン州はビールの原材料であるホップの生産が全米2位の規模で、水事情同様に恵まれた環境にあることが、多くの優れた地ビール醸造所の隆盛を支えている。

そんなポートランドのドリンクムーブメントのなかで、近年多くの注目を集めているのがアーバンワイナリーとスピリッツだ。一般にワイナリーというと、地方のぶどう畑の傍らにある形式を想像するだろうが、アーバンワイナリーは読んで字のごとく、街中に存在するワイナリーのことだ。ワイナリーを名乗るだけあって、それらは単に完成品のワインを提供するワインバーとは異なる。アーバンワイナリー店内で提供されるワインは、自らプロデュースするものが中心だ。ポートランドらしいクラフトマンシップに溢れたアーバンワイナリーを巡れば、店毎の個性やワインに対する哲学を比較しつつ、美味しいワインを楽しむことが出来ること請け合いだ。

もうひとつのポートランドのドリンクムーブメントであるスピリッツも、アーバンワイナリー同様にクラフトマンシップを背景に盛り上がりをみせている。サウスイーストのディスティラリー・ロウ(蒸留所通り)には数軒の蒸留所があり、それぞれの蒸留所が独自の製法にこだわった、ジンやウィスキーなどの各種スピリッツの製作に励んでいる。 様々なポートランドのスピリッツを楽しみたい方は、ディスティラリー・ロウ・パスポート($20)を購入するのがおすすめ。ディスティラリー・ロウの各蒸留所のテイスティングやツアー、50以上のレストランやバーのディスカウント、$5のギフトカードなどの各種特典を得ることができる。パスポートの入手は、訪問した蒸留所で購入するのがもっとも簡単な方法だ。

post image

地ビール天国として知られるポートランドだが、オレゴンの名水の恩恵を受けているのは地ビールだけに限らない。ワインやスピリッツなども、ポートランドの名産品としての地位を着々と築いているのだ。

Coopers Hall [クーパーズ・ホール]

洗練されたワインと料理
自動車車体工場をリノベーションして生まれたワイナリー。カウンターの向こう側の壁面には44個のタップが埋め込まれており、そこからワインがサーブされるユニークな仕組みになっている。気のあった友人や、恋人とのディナーを楽しむには、最高の場所と言えるだろう。

  • post image

404 SE 6th St.,Portland, OR 97214
TEL: +15037197000
coopershall.com

Southeast Wine Collective [サウスイースト・ワイン・コレクティブ]

好みのワインが見つかる場所
自らのブランドだけでなく、製造や貯蔵など、他のワイナリーのワイン作りにも協力するという、新しいビジネスのあり方を提案したアーバンワイナリー。美味しい料理とワインを楽しめるフルサービスのティスティング・バーや、パーティーなどに使えるイベントスペースを備えている。

  • post image
  • post image

2425 SE 35th Place,Portland, OR 97215
TEL: +15032082061
sewinecollective.com

Enso Winery [エンゾ・ワイナリー]

寛ぎのアーバンワイナリー
オーナーは、元ミュージシャンという経歴。バランスを考え過ぎて中庸な味にならないように、「エッジ」のあるワイン作りを心がけている。それは難しいことだが、ものづくりが好きだからやりがいがあるとの弁。2011年はずっとワイン作りに没頭し、4年前からこのワイナリーをスタートさせている。

  • post image

1416 SE Stark St.,Portland, OR 97214
TEL: +15036833676
www.ensowinery.com

House Spirits Distillery [ハウス・スピリッツ・ディスティラリー]

手作りの極上スピリッツ
ポートランドの蒸留酒ムーブメントの立役者的な存在。伝統的な手作り製法により、ジン、シングルモルトウィスキー、コーヒーリキュールなどのスピリッツを作っている。蒸留所にはテイスティングルームも併設されており、これらのクラフトマンシップにあふれた製品を試すことが可能だ。

  • post image
  • post image

2025 SE 7th Ave.,Portland, OR 97214
TEL: +15032353174
housespirits.com

ポートランダーに聞くポートランドの魅力

Voices

ポートランドは「全米で住みたい街」の上位に常に選ばれ、アメリカだけでなく世界から多くの移住者が集まる街だ。何が多くの人々をポートランドに惹き付けるのか?その問いに対する答えをポードランドで活躍する人たちに聞いてみた。

Voice1 John jay [ジョン・ジェイ]

「多様性」こそが未来を変えていく
ポートランドではアートフェスティバルなどの催しが盛んだが、若いアーティストたちは、自分たちの夢への最初のステップとして、ポートランドに集うことを捉えている。これは興味深いポートランドのムーブメントのひとつだろう。その他、例えば若いシェフたちは、別のレストランにいるシェフたちと、コンセプトをシェアして、互いにサポートし合うコミュニティを形成している。これもポートランドならではのムーブメントと言えるだろう。
お互いを助け合い、コラボレーション精神を発揮し、文化的に重要なコミュニティを若い彼らは生み出している。これはポートランドでは普通のことだが、競争が激しい他の大都会では違う。これはポートランドの文化を語る上で、非常に重要なステートメントだ。人々はコミュニティから学ぶ。だからいろんな新しいことが、ポートランドでは可能になるのだ。
ポートランドの発展は、多くの才能が外からやってくることに支えられている。この街は常にアジャストしており、多くの才能がミックスされることで、新しい姿に変わっていくのだ。それは今に始まったことではなく、20年前からあったことだ。国籍、人種、年齢……これらの多様性がダイナミックさをポートランドにもたらし、この街の未来を変えていくことになるのだろう。

  • post image
  • post image

Wieden+Kennedy [ワイデン+ケネディ]
ポートランドに本拠を置く、クリエーティブエージェンシー。ニューヨーク、ロンドン、サンパウロ、アムステルダム、デリー、上海、そして東京にオフィスを持ち、ワールドワイドに展開している。
www.wk.com

Voice2 Kharma Vella [カーマ・ヴェラ]

都会だけど、ここは静かな街だ
私はシアトル育ちで、高校まではワシントン州で過ごした。ポートランドは1990年代から住んでいるけど、この街は偉大だね。それなりに都会だけど、都会の喧騒みたいなものはなくて、とても静かなところが気に入っている。
やっぱりポートランドの魅力といえば、大自然が近くにあることだね。クルマやモーターサイクルに乗って、30分から1時間くらいも走れば、自然の中に入っていける。このフラッグシップ・ショップは現在改装中で、今はこの壁の絵くらいしかないけど、この絵にはポートランド周囲の自然と、キャンプを楽しんでいる人たちの姿が描かれている。海があって、山があって、河や湖もある。実は人物のキャラクターは、ポーラーのスタッフたちなんだ。このモーターサイクルに乗っているのが私と妻。これはビジネスパートナーのベンジーのクルマさ。ここではキャンピング、ハイキング、マウンテンバイク、そしてカヤックとか、いろんなアウトドアの遊びを楽しむことが出来るんだ。店内の他の壁はまだ作業中だけど、ここはギャラリーと製品の陳列をするスペースになる予定だ。
ポートランドに来たら是非、その周囲の自然にも足を運んで欲しいね。もし可能ならキャンピングで自然を楽しんで欲しい。そうすれば、私がポートランドが偉大な街だと言っていることの意味が、きっとわかっていただけると思うよ。

  • post image

POLeR [ポーラー]
写真家のベンジー・ワグナーと、映像クリエーターのカーマ・ヴェラが2010年にポートランドにて立ち上げたアウトドアウェア&ギアのブランド。スタイリッシュな商品群は、多くのアウトドア愛好家に支持されている。
www.polerstuff.com

Voice3 Mitsuhiro Yamazaki [山崎満広]

ここはビジネスにも魅力的な街です
企業誘致の観点では、ポートランドの税制は企業にとって魅力的だと思います。セールスタックス(消費税)がないことはもちろん製造業に優しいですが、その他オレゴン州はユニタリータックスと言って、州で売ったものに対しての利益の税金しか払わなくて良いのです。
そのほか開発局には、工業地帯を洗練された姿に変貌させたパール・ディストリクトの例など、街づくりのノウハウがあります。近年開発局では地元企業と共に「柏の葉スマートシティ」や日本各地の都市開発のお手伝いをさせて頂いております。世界的にポートランドへの注目が高まっておりますが、一番日本との仕事の結びつきが多いのは嬉しいですね。このポートランドに骨を埋めるつもりで、頑張っています。

  • post image

Portland Development Commission [ポートランド市開発局]
都市再開発を含む不動産開発や経済開発を手がける公的機関。4月には京都と東京で、展示会とビジネスマッチングを目的としたイベント、「POP UP PDX INJAPAN 2014」を、主催している。
www.pdc.us

5つのエリアの、それぞれの個性を楽しむ

Neighborhoods

ポートランドの街は5つの地区に分かれており、それぞれの地区にそれぞれの個性的な文化が花開いている。ショッピング、レストランでのブランチ、そしてディナー……ポートランドの街を思う存分に楽しもう!

SOUTHWEST and NORTHWEST

再開発が進み、一気におしゃれなエリアとして生まれ変わったウエストエンド/ダウンタウン、ショッピングセンターなどの商業施設が充実したパイオニアディストリクト、緑の多いカルチュラル・ディストリクトから成るサウスウェスト。
ノースウェストは住居・商業・オフィスがミックスした都市再開発モデルとして、パールディストリクトが世界から注目を集めている。

Boys Fort [ボーイズ・フォート]

おもちゃ箱のような雑貨店
カスタムメイドの家具、雑貨、観葉植物、バッグ、楽器、ポスター、絵画、書籍、マンガ、洋服、香水などなど……バラエティ豊かな取り扱い商品が所狭しと並んでいる。それらひとつひとつを見ていると、時が過ぎるのを忘れてしまうだろう。ギャラリア・ビルディングの隣にある。

  • post image

902 SW Morrison St., Portland, OR 97205
TEL: +15035671015
boysfort.com

Farmers Market [ファーマーズ・マーケット]

旬の食材と出会える場所
「地産地消」の文化が根付いているポートランドでは、毎日どこかしらでファーマーズマーケットが開催されている。一番規模が大きいのは、サウスウエストのポートランド州立大学で土曜日に開催されているマーケットだ。キッチン付きの宿泊施設に滞在するなら、買い物を楽しんでみるのも良いだろう。

  • post image

www.portlandfarmersmarket.org

WILL Leather Shop [ウィル・レザー・ショップ]

高品質な革製品の数々
バッグ類や財布などを中心とした、ハイクオリティの革製品の数々を販売するショップ。ユニオンウェイ・アーケードに、向かい合った2店舗がある。オレゴン州のユージーンにて1981年に創立された。モダンなデザインのほか、17世紀調の伝統的コレクションのアイテムなどをラインアップしている。

  • post image

1022 W Burnside St., Portland, OR 97205
TEL: +19712794698
willleathergoods.com

Portland Aerial Tram [ポートランド・エアリアル・トラム]

空から街を一望できる
ウィラメット川にほど近い、サウス・ウォーターフロントの駅から、山の上にあるオレゴン・ヘルス・サイエンス・ユニバーシティを結ぶロープウェイ。天気のいい日ならば、街の眺望とともにマウント・フッドの絶景を同時に楽しむことが出来る。料金は$4.35で、6歳以下は料金不要。

  • post image

3303 SW Bond Ave., Portland, OR 97239
www.gobytram.com

Nong’s Kao Mangai [ノンズ・カオマンガイ]

フードカートの人気店
ダウンタウンのフードカートは、お手軽価格でランチを楽しむにはピッタリの選択だ。SW10thとアルダー通りにあるフードカート・ポッドのカート数は、60にも達する規模を誇る。タイの鶏飯であるカオマンガイが売りのこの店は、数ある店の中でも高い人気を得ている一件。カオマンガイのお値段は$8だ。

  • post image

SW 10th & Alder St., Portland, OR 97205
TEL: +1-971-255-3480
khaomangai.com

QUIN Union Way [クイン]

見た目も美しいキャンディー
ポートランドを代表するランドマークのひとつとなったエースホテルの真向かい、ユニオンウェイ・アーケードにあるハンドメイド・キャンディ屋。ロリポップ、キャラメル、グミ、マシュマロ、チョコレートなどのお菓子のほか、ティーやハチミツ、コーヒーシロップなども販売している。

  • post image

1022 W Burnside St.,Portland, OR 97205
quincandy.com

Tasty n Alder [テイスティン・アルダー]

ダウンタウンでブランチを
ポートランドのブランチ処として著名な「テイスティ・アンド・サンズ」の姉妹店として誕生したレストラン。フレッシュな素材を使った料理のほか、店内のバーで作られた美味しいカクテルなどのアルコールも楽しめる。料理はひと皿のボリュームが結構あるので、シェアして楽しむと良いだろう。

  • post image

580 SW 12th Ave., Portland, OR 97205
TEL: +1-503-621-9251
tastyntasty.com/alder/

Danner [ダナー]

お気に入りの一足を見つけよう
創業1932年というワークブーツの老舗も、ポートランドに本拠地を置くブランドのひとつだ。その堅牢な造りは、アウトドアを楽しむ人のほか、モーターサイクリストたちからも強く支持されている。このブティックでは、看板商品のブーツにコーディネートできる各種アイテムもディスプレイされている。

  • post image

1022 W Burnside St., Portland, OR 97209
TEL: +1-503-262-0331
www.danner.com

SOUTHEAST

サウスイーストのホーソン通りは、ポートランドのカウンターカルチャーの中心地。
南寄りのディヴィジョン/クリントン、そして28thアベニューとバーンサイドストリートには、人気のレストランが数多く並んでいる。
工業地区だったセントラル・イーストサイドとイースト・バーンサイドは、レストランやアートギャラリーなど新たなビジネスが成長している。

Base Camp Brewery [ベース・キャンプ・ブリュワリー]

ポートランド名物の地ビール
ポートランドには数多くの地ビールの醸造所があるが、こちらはアウトドアをイメージした店内とテラスにて、いろんな味わいの美味しいビールが楽しめるのがポイント。黒い色が印象的なS'MORE STOUTのグラスには、キャンプファイアをイメージしたマシュマロ!が付いている。

  • post image

930 SE Oak St., Portland,OR 97214
TEL: +1-503-477-7479
basecampbrewingco.com

Davenport [ダベンポート]

絶品料理に舌鼓を打つ
欧州料理を主体にした、目にも美しい一品を提供するレストラン。旬の素材を使うというこだわりから、料理のメニューが日替わりになっているのが特徴。ワインのストックも豊富で、カクテルも各種用意されているのが嬉しい。ポートランドの美食を楽しみたい方におすすめしたい。

  • post image

2215 E Burnside St., Portland, OR 97232
TEL: +1-503-236-8747
www.davenportpdx.com

Pok Pok [ポクポク]

多くの人が絶賛するタイ料理
ローカルの人たちが遠来のお客さんをもてなすとき、候補に上がる店のひとつである人気の行列店。そもそもは小さなタイ料理の屋台としてスタートしたが、評判が評判を呼び成長。オーナーシェフであるアンディ・リッカーは、食のオスカーと呼ばれるジェームス・ビアード・アワードを受賞している。

  • post image

3226 SE Division St.,Portland,OR 97202
TEL: +1-503-232-1387
www.pokpokpdx.com

Trifecta Tavern [トライフェクタ・タバーン]

極上のパンを召し上がれ
ベーカリー、レストラン、そしてバーを備えたユニークなレストラン。料理はオイスター、プラウン海老などのシーフードの美味しさに定評がある。レストランで提供されるパンは、もちろんこちらで焼き上げられたもの。ついついパンに手が伸びて、思いの外お腹いっぱいになってしまうのでご注意を?

  • post image

726 SE 6TH Ave.,Portland, OR 97214
TEL: +1-503-841-6675
trifectapdx.com

Water Avenue Coffee [ウォーター・アベニュー・コーヒー]

美味しいコーヒーでひと息
ポートランドのコーヒーは、自家焙煎コーヒーの充実ぶりが自慢。インダストリアルエリアのビルをリノベーションしたこちらの店は、マイクロ・ロースト製法により上質なコクを生み出した各種コーヒーが味わえる。また樹齢100年の樫のカウンターも、一見の価値有りだ。

  • post image

1028 SE Water Ave., Suite 145,Por tland,OR 97214
TEL: +1-503-808-7084
www.wateravenuecoffee.com

NEXT ADVENTURE [ネクスト・アドベンチャー]

欲しいモノがなんでもそろう!
アウトドアを愛する幼なじみのふたりが、1997年に創業したアウトドアグッズ専門店。今日はカヤック専門店舗を持つほど成功したが、最初はアウトドアグッズの中古品販売からスタートしている。そんな彼らの原点とも呼べる「ベースメント」は本店地下にあり、今でも多くの人に愛されている。

  • post image

426 SE GRAND Ave.,Portland,OR 97214
TEL: +1-503-233-0706
http://nextadventure.net

NORTH and NORTHEAST

アルバータ・アートディストリクト/キリングスワースの通りは、ポートランドで最も文化の多様性に富んだエリアと言える。
芸術家や起業家など、想像力あふれる人たちがコミュニティを作り、レストラン、雑貨店、ギャラリー、アートスペースなどを営んでいる。
またノース・ミシシッピ・アベニューは、お店やレストランが急増しているアツいエリアだ。

Beam & Anchor [ビーム・アンド・アンカー]

お気に入りの品を探そう
1階はハイセンスな雑貨などを扱うショップ、2階は若いクラフトマンたちのコミュニティスペース的なワークショップになっている。その作業場では家具の修理や石鹸作り、縫製などが行なわれていた。1階のショップで取り扱う品は、アンティーク&ビンテージが中心だ。

  • post image

2710 N Interstate Ave. ,Portland, OR 97227
TEL: +1-503-367-3230
beamandanchor.com

Queen Bee Creations [クィーン・ビー・クリエーションズ]

「カワイイ」が詰まった店
アップリケをあしらったバッグ、財布、洋服などを制作・販売するお店。アップリケのモチーフになるのは鳥、花、植物、そして自転車など。いずれも、じつに女の子が喜びそうな可愛らしいデザインだ。ショールームとスタジオが同じフロアにあるので、制作過程を観察できるのも楽しい。

  • post image

3961 N Williams STE 101,Portland, OR 97227
TEL: +1-503-232-1755
www.queenbeecreations.com

Broder Nord [ブローダー・ノルド]

スカンジナビアン・ブランチを
ブランチを楽しめる人気レストランのひとつ、ブローダーの姉妹店。スカンジナビアン料理が評判の店で、一番人気はPYTT I PANNA(スウェディッシュ・ハッシュ)だ。その他ダニッシュ・パンケーキや、ミートボールなども美味しく、地元の人たち同様ついつい長居してしまうことうけあいだ。

  • post image

2240 N Interstate Ave.,Suite 160, Portland,OR 97227
TEL: +1-503-282-5555
www.broderpdx.com

Mississippi Marketplace Food Cart Pod [ミシシッピ・マーケットプレイス・フードカート・ポッド]

お手軽ランチが味わえる
ノースでフードカートのお手軽で美味しい料理を楽しむならここ。ここのポッドは自動車で牽引するトレーラータイプが多いのが特徴で、駐車場スペースを利用してカートを並べている。お客用のテント付きのテーブルが用意されているので、食事の場所を探さずに済むのも有り難い。

  • post image

N. Mississippi Ave. & Skidmore St.,Portland, OR 97217
www.missmarketplace.com

Ampersand Gallery and Books [アンパーサンド・ギャラリー・アンド・ブックス]

本とアートを一緒に楽しめる
店内の棚にはアート系の写真集や、珍しい古書の類が数多く並ぶ。そして壁面には、アートギャラリーとしてドローイングなどが展示されているという、非常に個性的なお店だ。本は販売だけでなく、古書の買い取りも行なっている。意外と日本の本も多く取り揃えているので、掘り出し物が見つかるかも?

  • post image

2916 NE Alberta St.,Portland, OR 97211
TEL: +1-503-805-5458
www.ampersandgallerypdx.com

Bollywood Theater [ボリウッド・シアター]

お値打ち価格のインド料理
シアターという屋号だが、映画館ではなくて本格的な北インド料理がいただけるレストランだ。辛い食事が食べたくなったら、迷わず行くことをおすすめする。料理のメニューのほとんどが、ひと桁のドルという価格なのも嬉しい。その人気は高く、最近サウスイーストに2号店がオープンしている。

  • post image

2039 NE Alberta St.,Portland, OR 97211
TEL: +1-971-200-4711
www.bollywoodtheaterpdx.com